自律神経失調症とタバコの使用の関連性について

多くの現代人が悩まされている自律神経失調症ですがその原因の一つにタバコの使用が考えられます。

 

 

ではなぜタバコの使用が自律神経を狂わす結果になるのでしょうか?

 

 

なぜならタバコに含まれているニコチンが関係してきます。

 

 

タバコを使用した事がある人なら誰もが感じる事ですが、タバコを使用すると、「なんだかリラックスできる」「気持ちが落ち着く」「集中できる気がする」と感じます。

 

 

これはニコチンが自立神経に作用して興奮させます。

 

 

しかしこの自律神経の興奮状態はずっと続くわけではなく、また興奮させたいと思い、タバコを吸いたくなります。

 

 

このような状態が続くと自律神経はどうなるでしょうか?

 

 

一日のうちに何度もタバコによって興奮させられたり、その興奮が解けたりします。

 

 

そのような習慣は通常の自律神経の働きを弱めてしまったり、狂わせてしまう事になります。

 

 

例えで考えて見ますと、体重の重い人が体重計にジャンプしていつも乗っていたらどうなってしまうでしょうか?

 

 

きっとその激しい作用によってついには体重計が壊れてしまうのではないでしょうか?

 

 

それと同じようにタバコの使用は自律神経を壊してしまう可能性があります。

 

 

またタバコを使用している人は、ストレスを軽減させるために使用している人が多いです。

 

 

そしてそのストレスは日常生活から来るストレスだけでなく、タバコの使用から来るストレスもあります。

 

 

例えば、いつもタバコがないといらいらしてしまうとか、タバコをやめたい、減らしたいと思っているのもどうにもうまくいかないのでストレスを感じたり、

 

 

自分を否定してする気持ちになってしまう事があります。

 

 

これはニコチンへの依存から生じるものですが、この依存してしまっているというのも自律神経に影響を及ぼしてしまいます。

 

 

それで、自律神経を守りたかったり、自律神経失調症になってしまっている人は、タバコの本数を減らしたり、やめたりする必要があるでしょう。

 

 

その際は病院などで適切な治療を受ける事をおすすめします。