自律神経失調症の症状と原因

自律神経失調症とは、自律神経のバランスが崩れることで様々な体調不良を起こす病気のことです。

 

 

この病気、色々なところで聞く機会がありますよね。

 

 

でも具体的な症状は良く知らない方も多いのではないでしょうか。

 

 

自律神経失調症の症状と原因について紹介していきます。

 

 

そもそも、自律神経というのは心臓を動かしたり汗をかいたり、自分の意思でコントロールできない部分を動かしてくれる働きをしています。

 

 

原因が神経にあるので、内臓等に異変はなく病院で検査しても異常はないと診断されることが多いです。

 

 

ですが、最近では心療内科を紹介してくれる病院も多くなっているようです。

 

 

そんな発見が難しい自律神経失調症。

 

 

その症状はとても多いです。

 

 

まず体の各器官に現れる症状。

 

 

これは頭痛、耳鳴り、手のしびれ、動悸、息切れなどがあります。

 

 

分泌物に現れる症状は多汗、汗が出ない、尿が出にくい、などがあります。

 

 

精神面で出てくる症状は不安感、イライラする、集中力がなくなる、倦怠感などがあります。

 

 

症状を抜粋しただけでも様々なものがありますよね。

 

 

精神から肉体、免疫に至るまで多くの器官を動かしてくれている自律神経だからこそ、一度バランスが崩れると多くの部分に異変が出てしまうわけです。

 

 

自律神経失調症は同じ症状というものがありません。

 

 

症状が人によってそれぞれある分、原因も人それぞれあります。

 

 

それではどうして自律神経のバランスは崩れてしまうのでしょうか。

 

 

これには複数の原因があり、症状によって原因が違う場合があります。

 

 

その原因とは、生活リズムの乱れ、過度なストレス、環境の変化、女性ホルモンなどです。

 

 

症状、原因が人によって違うので、治療方法も人によって違ってきます。

 

 

自己流などは考えず、専門医に治療方法を任せることが重要ですね。

 

 

その症状から違う病名がつけられやすい自律神経失調症。

 

 

逆に自律神経失調症だと勘違いし、もっと大きな病気を見逃してしまう場合もあります。

 

 

自分の症状をしっかりと医師に伝えられるように、自分の症状をきちんと理解できるようにしましょう。

多くの現代人が悩まされている自律神経失調症ですがその原因の一つにタバコの使用が考えられます。

 

 

ではなぜタバコの使用が自律神経を狂わす結果になるのでしょうか?

 

 

なぜならタバコに含まれているニコチンが関係してきます。

 

 

タバコを使用した事がある人なら誰もが感じる事ですが、タバコを使用すると、「なんだかリラックスできる」「気持ちが落ち着く」「集中できる気がする」と感じます。

 

 

これはニコチンが自立神経に作用して興奮させます。

 

 

しかしこの自律神経の興奮状態はずっと続くわけではなく、また興奮させたいと思い、タバコを吸いたくなります。

 

 

このような状態が続くと自律神経はどうなるでしょうか?

 

 

一日のうちに何度もタバコによって興奮させられたり、その興奮が解けたりします。

 

 

そのような習慣は通常の自律神経の働きを弱めてしまったり、狂わせてしまう事になります。

 

 

例えで考えて見ますと、体重の重い人が体重計にジャンプしていつも乗っていたらどうなってしまうでしょうか?

 

 

きっとその激しい作用によってついには体重計が壊れてしまうのではないでしょうか?

 

 

それと同じようにタバコの使用は自律神経を壊してしまう可能性があります。

 

 

またタバコを使用している人は、ストレスを軽減させるために使用している人が多いです。

 

 

そしてそのストレスは日常生活から来るストレスだけでなく、タバコの使用から来るストレスもあります。

 

 

例えば、いつもタバコがないといらいらしてしまうとか、タバコをやめたい、減らしたいと思っているのもどうにもうまくいかないのでストレスを感じたり、

 

 

自分を否定してする気持ちになってしまう事があります。

 

 

これはニコチンへの依存から生じるものですが、この依存してしまっているというのも自律神経に影響を及ぼしてしまいます。

 

 

それで、自律神経を守りたかったり、自律神経失調症になってしまっている人は、タバコの本数を減らしたり、やめたりする必要があるでしょう。

 

 

その際は病院などで適切な治療を受ける事をおすすめします。

続きを読む≫ 2016/08/29 09:33:29

自律神経失調症と躁鬱病は症状が似ているために、誤診されることがあります。

 

 

しかし、出てくる症状は似ていても原因は違いますので、その二つを良く知っておく必要があります。

 

 

まず自律神経失調症と躁鬱病の症状の似ている点ですが、頭痛、めまい、倦怠感などによって日常生活を通常に行う事ができるのが困難になります。

 

 

症状がひどくなると、起き上がれなくなって寝たきりのような状態になってしまう事があります。

 

 

このように症状は似通っていますが原因は異なっています。

 

 

自律神経失調症の場合、原因は自律神経という体内の働きをコントロールする神経が正しい動きをする事が出来なくなってしまう事です。

 

 

それによって血管の流れ、内臓の働きが落ちて体のあらゆるところに不調が出ます。

 

 

それと違い躁鬱病の場合の理由は脳内から分泌される神経伝達物質であるセロトニン、ノルアドレナリンなどがうまく伝達できなくなる事にあります。

 

 

このように原因はまったく違いますので、同じような症状が出たとしても、

 

 

自分で病名を決め付けるのではなく、病院に行って正しい診断をしてもらい、その病気に合わせて治療を行っていく事が必要になってきます。

 

 

また自律神経失調症は生活習慣の乱れやストレスが原因のことが多いですが、躁鬱病は遺伝が関係していることが多いといわれています。

 

 

躁鬱病とは躁状態が続いた後に鬱状態が来るという交互の精神状態を指します。

 

 

躁状態の時はどんな事も前向きになり、仕事がはかどったりするよい一面もありますが、

 

 

寝れなくなってしまったり、他の人との会話のときに会話を独占してしまったりする事があります。

 

 

逆に鬱状態になると他の人と話をしたりコミニュケーションをとりたくなくなって、不安な感情が押し寄せます。

 

 

それで病院に見て診断をしてもらうときには自分の症状を隠さずに話すことと、もし出来たら家族など信頼できる第三者と一緒に診断してもらうのが良いでしょう。

 

 

なぜなら自律神経失調症と躁鬱病は治療の仕方も異なってくるからです。

続きを読む≫ 2016/08/29 09:32:29

そもそも自律神経失調症などといったものは、その本人の意思などには関わらずに活動を続けたりしている、

 

 

内臓や血管、心臓の鼓動、筋肉部分などをはじめとする神経系統が、何らかのカタチで麻痺などをしたりしてしまい、

 

 

そのため様々なカタチの症状を引き起こしたりする点で、とても問題視をされている精神疾患の1つでもあります。

 

 

世の中にはこの自律神経失調症の治療を行うための専門薬や漢方薬、サプリメントとかの開発もなされたりはしてはいますが、

 

 

しかしそれらの投薬や健康食品類とかによる治療などはただ単に、症状をそれらのものにより押さえたりしている事には変わりがありませんので、

 

 

最近では一切の薬やサプリとかを用いない、整体療法による同疾患の治療が試みられたりしているような様子です。

 

 

メニューの内訳の概要としては、骨盤調整や背骨・筋肉・関節などの調整、頭蓋骨矯正、内蔵矯正、自律神経専門の骨格調整及び筋肉調整などから成り立ちます。

 

 

これらの中でもとくに、一般的に重視をされているような傾向が強いメニューとしては、内蔵矯正がやはり挙げられます。

 

 

内蔵は自律神経そのもののバランスがとくにものをいう箇所でもありますので、これが乱れたりすると内蔵の機能の低下などを招いたりしますので、

 

 

内蔵の矯正を専門家の手により行うような仕様になっています。

 

 

この内蔵矯正自体がやはり、内臓からその機能の健全化を行っていき、

 

 

徐々に内側から自律神経失調症の症状や疾患そのものを治していくといった効果をもたらす療法といえますので、

 

 

治していく確実性はその他の療法や今挙げた他の整体療法などよりも一見すると優れていたりするような感じもしないではありません。

 

 

しかし、これもあくまで内蔵から良くしていくという治療法の一手段でしかありませんので、決して完璧であると確実視が出来るような治療法だとは限りません。

 

 

このため、内蔵矯正に限らず、専門の整体医による指導の元に、適した整体療法のメニューやプログラムを受けていくカタチがベストであるといえます。

続きを読む≫ 2016/08/29 09:30:29

自律神経失調症はストレスが原因で起こると言われています。

 

 

自律神経失調症になるとめまい、耳鳴り、食欲不振、不眠の症状が出てきます。

 

 

そして、ストレスは主に4つのストレスに分けられます。

 

 

それは、精神的ストレス、構造的ストレス、科学的ストレス、温度と湿度によるストレスです。

 

 

たくさんの人が一番ストレスだと思っているのに精神的ストレスがあげられます。

 

 

人は生活しているとイヤだと苦痛に思うことがたくさんあります、それが積み重なり、自律神経失調症になります。

 

 

そして、構造的ストレスとは主に体のゆがみを刺します。

 

 

体がゆがんでいるとその情報は脳に伝わり、あなたが意識しているかいないかにか関わらず脳はストレスを感じます。

 

 

自律神経失調症の原因に関係しているのが頭蓋骨、あご、全身の筋肉、背骨、骨盤などがあります。

 

 

そして、科学的ストレスは主に栄養素の事をいいます。

 

 

ある栄養素ばかり摂取していたり、不足しているとその情報が脳に伝わり、ストレスを感じます。

 

 

そして、意外と自律神経失調症の原因が栄養にある事が多いので特に外食ばかりで栄養バランスが悪い人は気をつけるようにしましょう。

 

 

そして、最後に湿度と温度もストレスの原因になります。

 

 

寒すぎたり、暑過ぎたりするのは人間にとってはストレスになります。

 

 

ですので、人間が快適だと思う温度ではないと、それが原因で自律神経失調症になることもあります。

 

 

しかし、ストレスがまったくなく生活をしている人はいません。

 

 

生活していればイヤな事も絶対にありますし、暑い日も寒い日もあるでしょう。

 

 

ですので、普段からストレスを発散させる事が病気にならない一番の方法です。

 

 

ストレスがたまったららどこかに遊びに行く、友人と会う、カラオケに行くなど自分がストレス解消になる方法を見つけて上手に発散しましょう。

 

 

ストレスがまったくないのは無理なので上手に付き合って行く事を覚えると良いでしょう。

 

 

一度自律神経失調症になると大変なので出来るだけならないように心がける事が大切です。

続きを読む≫ 2016/08/29 09:28:29